公正取引委員会:日本プロフェッショナル野球組織に対する独占禁止法違反被疑事件の処理について

公正取引委員会が、日本プロフェッショナル野球組織の「田沢ルール」は独占禁止法違反の疑いがあった旨の見解を公表しました。

※「田沢ルール」:新人選手が、「ドラフト会議」前に12球団による指名を拒否し、又はドラフト会議での交渉権を得た球団への入団を拒否し、外国球団と契約した場合、外国球団との契約が終了してから高卒選手は3年間、大卒・社会人選手は2年間、12球団は当該選手をドラフト会議で指名しないとするもの。

ページトップへ