全銀協:認知症の人の親族による預金引き出し指針

全国銀行協会は、認知症の人の親族による預金払戻しなどについての考え方を公表しました。

例えば、「認知判断能力を喪失する以前であれば本人が支払っていたであろう本人の医療費等の支払い手続きを親族等が代わりにする行為など、本人の利益に適合することが明らかである場合に限り、依頼に応じることが考えられる」などとされています。

ページトップへ