グレーゾーン解消制度:勤怠管理ツールによる労働時間把握について

労働時間の状況を把握する勤怠管理ツールを利用して行う雇用する労働者の労働時間の把握が、労働安全衛生法に基づく「労働時間の状況」の把握方法として適切なものであることを確認がグレーゾーン解消制度で照会され、令和3625日付けで回答されています。

ページトップへ