安全保障貿易管理

日本の安全保障と国際的な平和及び安全の維持の観点から、大量破壊兵器や通常兵器の開発・製造等に関連する資機材並びに関連汎用品の輸出やこれらの関連技術の非居住者への提供について、外国為替及び外国貿易法(外為法)に基づき、必要最小限の管理が実施されています。

したがって、外為法で規制されている貨物や技術を輸出(提供)しようとする場合は、原則として、経済産業大臣の許可を受ける必要があります。

安全保障貿易管理がますます重要になっていますので、ご確認ください。

ページトップへ