改正動物愛護法により犬猫にマイクロチップ装着が義務付けられました

20196月、動物の愛護及び管理に関する法律(動物愛護法)が改正されました。

主な改正内容は次のとおりです。

  1. 出生後56日(8週)を経過しない犬又は猫の販売等を制限
  2. 犬猫の繁殖業者等にマイクロチップの装着・登録を義務付ける(義務対象者以外には努力義務を課す)
  3. 動物虐待への罰則の強化
ページトップへ