2022年4月から成年年齢の引き下げが施行されます

平成30年6月13日、民法の成年年齢を20歳から18歳に引き下げること等を内容とする民法の一部を改正する法律が成立しています。

一方、今回の改正で、女性の婚姻年齢が16歳から18歳に引き上げられています。

このほか、年齢要件を定める他の法令についても、必要に応じて18歳に引き下げるものもありますし、20歳が維持されているものもあります。

一度、ご確認ください。

施行日は、令和4年(2022年)4月1日です。

概要

Q&A

養育費への影響

政府広報

ページトップへ