経済産業省が「公正なM&Aの在り方に関する指針」を公表しました

20196月、経済産業省は、「公正なM&Aの在り方に関する指針-企業価値の向上と株主利益の確保に向けて-」を公表しました。

指針は、類型的に構造的な利益相反の問題と情報の非対称性の問題が存在するMBO及び支配株主による従属会社の買収を中心に、主として手続面から、我が国企業社会における公正なM&Aの在り方を提示するものであり、これにより、我が国資本市場に対する信頼を高めるとともに、企業価値の向上に資するM&Aを促進することを目的としています。

ページトップへ