「グループ・ガバナンス・システムに関する実務指針」が公表されました

2019年6月、経済産業省が、「コーポレート・ガバナンス・システム研究会(CGS研究会)(第2期)」における議論に基づき、「グループ・ガバナンス・システムに関する実務指針」(グループガイドライン)を策定、公表しました。

同ガイドラインは、主として単体としての企業経営を念頭に作成されたコーポレートガバナンス・コードの趣旨を敷衍し、グループガバナンスの在り方を同コードと整合性を保ちつつ示すことで、同コードを補完するものです。

 

グループ・ガバナンス・システムに関する実務指針 (グループガイドライン)

〔目次〕

  1. はじめに
  2. グループ設計の在り方
  3. 事業ポートフォリオマネジメントの在り方
  4. 内部統制システムの在り方
  5. 子会社経営陣の指名・報酬の在り方
  6. 上場子会社に関するガバナンスの在り方

 

ページトップへ